扶養内の103万円という年間収入の範囲で働きたいと望む個人事業主はどのような手段で仕事を探すのが良いでしょうか。まず常勤の仕事の場合は週5日など働くとあっという間に103万円の収入を超えてしまうでしょう。週に40時間程度働くとなると、最低時給で働いていたとしても毎月10万円の収入になります。あえて扶養に入りながら働くのは、収入を抑える代わりに家事や育児と両立ができるというメリットがあります。

仕事を自分のペースで行いながら、8万円強の金額を在宅ワークで稼いでいくのは簡単とは言い切れませんが、決して難易度が高いことでもないでしょう。そこで、効率よく常勤ではない在宅の仕事探しを行う手段として適切なのがクラウドソーシングサイトです。クラウドソーシングサイトでは単純作業からライティングなどあまりスキルがいらないもの、もしくはコーディングやシステムの開発など高報酬なものまで非常に多くの仕事が出されています。依頼主も会社であったり、個人であるケースもあります。

膨大な仕事情報の中で自分にマッチしたものを条件面や内容を見て決定し、応募して仕事を受けていきます。稼ぎすぎてしまった場合は仕事をセーブしてもよいですし、時間に余裕のあるタイミングなら一気に稼いでしまうこともできます。家でパソコンやスマホで仕事探しができるので、空き時間の活用としても最適です。求人から応募、仕事までを家の中でできるので大きなメリットがあるでしょう。