IT系の分野で個人事業主として扶養範囲内の収入で働く人は、どんな時にやりがいを得られるのでしょうか。1年間の収入の額自体は103万円以内に基本的には抑えなければいけませんので、あまり量はこなせないですし自由に使えるお金もそれほど増えないでしょう。しかし103万円の仕事量を考えると、フルタイムほどの労働時間が必要ないため仕事量もほどほどに抑えることができます。

つまり家にいながら家事や育児と両立して働くことができるのです。家にいるということは、小さな子供がいても面倒を見ながら働けるので子供を保育園などの施設に預ける必要がありません。親として小さな我が子が成長していくさまを見守り働けるのは、非常に大きなやりがいと喜びに繋がるでしょう。世間では保育所に子供を預けることに偏見を持つ人も少なからずいます。なので仕事をして家計を支えながら子供の成長を一緒になって体験し、また家事もこなせるというのは大きなメリットがあるといえます。

仕事単体で考えた時に、大きなモチベーションややりがいを得るのは扶養内の個人事業主の場合は難しいかもしれません。しかし育児もできるとなれば話はまた違ってくるでしょう。個人がどこに人生の満足感を感じるかは人それぞれともいえますが、親として子供の面倒を見て教育をしてあげられることに喜びを感じる人も多くいるものです。在宅かつ扶養範囲内で働く個人事業主 IT系の人はそのような大きな喜びを感じながら働けるのがメリットと言えるでしょう。